衛生面を改善すること

男性で包茎に悩んでいる人は、日本人はとても多いそうです。
あるデータによると、なんと6割もの人が包茎なのだとか。
成人になると自然とペニスは包皮が剥けてくると言われていますが、亀頭が露出しないまま成人になってしまう場合があり、これが包茎という状態です。
包茎は命にかかわるものではありませんが、程度によっては日常生活に支障が出るものなので、積極的に治療を行うべきものです。
包茎には、大きくわけて3種類あります。
勃起時には亀頭を露出できる仮性包茎、勃起時に亀頭が露出しない真性包茎、亀頭を露出させると亀頭を締め付けてしまうカントン包茎です。
仮性包茎は手術の必要はありませんが、真性包茎とカントン包茎は手術を要するものです。
なお、仮性包茎も治療により改善することができます。
包茎治療を行うことによって、衛生面の向上が期待できます。
包茎の状態のままでは、恥垢とよばれる垢が中に溜まってしまい、非常に不衛生で臭いもきつくなります。
また、雑菌が繁殖してしまうことで、ペニス全体を炎症させてしまうこともあります。
性交渉が行うことができない危険性もあり、行うことができても女性に不快な思いをさせてしまいかねません。
性生活の問題は、男女間の関係悪化に繋がる問題でもあります。
男性本人のコンプレックスにもなってしまうので、積極的に治療を行うことが望ましいです。
最近は包茎治療への敷居が低くなってきましたので、ぜひ悩んでる方は恥ずかしがらずに治療を受けてみてください。